真冬の子どもたち【2021年1月】

スポンサーリンク

1月。

長女は5回目、次女は3回目の新年を迎えました。ちなみに僕は37回目です。

父ちゃんは激務で家を空ける日が多く、正月らしい体験もさせてあげられず、寂しい思いをさせたかな?

そうでもないか。

女子3人で仲良く遊べるもんね。

これは神経衰弱をやっている模様。

いつもわざと負けてあげるようにしてるけど、4歳児の記憶力、侮るなかれ。ともすれば本気で負けそうになる。

小学生くらいになったらガチンコ勝負できるかも。

色んなゲームで本気でぶつかり合えるようになるのが今からとても楽しみ。

人生ゲームは絶対に買うと決めている。

ポテチの新たな食べ方も覚えた。

いいぞ、娘よ。

何の役にも立たないようなくだらないこと、どんどん吸収していきなさい。

そういうものが、意外と人生を豊かにしてくれるかもしれないぞ。知らんけど。

次女とおそろいの帽子を購入。喜んでいる。

スポンサーリンク

モスバーガーの「モスワイワイセット」を初体験。喜んでいる。

続いては「髪の毛しばらなかったらヘルメットみたいなヘアスタイル」でおなじみ、次女の様子。

何とも言えない表情で登場。

子ども、これやりがちやんな。

ハサミに興味を持ち、特訓中。

長女と違い、すぐ飽きてどっか行く。

長女のマネをして、絵本の読み聞かせごっこなどにも励んでいる。

言葉が達者すぎて面白い。

あと、テレビで見た小梅太夫をいたく気に入り「チクショー!!!」のマネをするようになった。

動画でごらんください。

本人はチクショーと言っているつもりなのだろうが、「しっしょー」としか聞こえない。

これからもこの調子で、一昔前のお笑いギャグを教え込んでいく所存です。

スポンサーリンク