福岡出張の話 第4話

スポンサーリンク

第3話はこちら

福岡出張の話 第3話

福岡が生んだ大スター、博多華丸・大吉のお二人に会えるかもしれない。

そんな淡い期待とともに屋台「ともちゃん」に入店するも、そこに華丸・大吉のお二人の姿はなかった。

そりゃそうか。ふらっと寄って簡単に会えるようなお方ではないのだ。

気を取り直して、瓶ビールでカンパイ。

フードのオススメはおでんや和牛サガリ、それから串もの。

屋台の中
好きなものをお食べ

どれも美味しいんだけど、和牛サガリが特に絶品。

絶対に食べるべきでしょう。

最初はすいていた屋台も徐々に客が増えてきた。

はじめこそ席の間隔にゆとりがあったものの、人が増えるにつれ高まる密集度。

素人の俺は「もう満席じゃない?」と思った。

しかし「もう満席じゃない?」と思ってからが勝負なのだ。きっとそう。

だって店員さん、道ゆく人に向かって「あいてるよー!」とどんどん呼び込んでるもの。

屋台を拡張して無理やり席を作るが、端に座る何人かは屋台からはみ出す勢いだ。

はみ出せ!青春である(違う)

スポンサーリンク

ぎゅうぎゅうの客席。

俺の隣にはサラリーマン男性二人組が座っている。

酔いに任せて話しかけてみると、一人は京都から出張に来ていて、もう一人がアテンドしているとのこと。

コンタクトレンズを作る会社にお勤めらしい。

コンタクトレンズ……メニコン…か?

わからないが、会社についてはそれ以上詮索しなかった。

僕たちは北海道から来たんですよ

北海道、いいところですよね

京都もめちゃくちゃいいじゃないですか

などと当たり障りない会話から広がって、初対面のわりにけっこう盛り上がった気がする。

なんだろうこの感じ、嫌いじゃない。むしろ好き。むしろ好きだし、とても楽しかった。

知らない人と盛り上がって楽しく飲む。これが屋台の醍醐味なのだろう。

他のお客さんは2、3杯で帰っていくなか、我々はどっしりと根を下ろして飲んだ。

もはや普通の居酒屋感覚だ。回転率を下げて申し訳ない。

トイレがないのだけが不便だった。だいたい近くのコンビニと提携しているので、催した際は店員さんに聞いてみよう。

ともちゃんの場合は通りを渡った先のファミマがそれだ。

最終的にラーメンもやっつけてやったりして。

すっかり堪能しておあいそしてみると、料金は一人三千円くらいだった。

ともちゃん、かなりよかったぜ。ありがとう。

屋台「ともちゃん」
屋台「ともちゃん」

屋台のあとは締めのデザートを食べようってんで、甘味処を求めて天神サザン通りを歩く。

カラオケやゲーセン、ラウンドワンも、一通りのアミューズメントが揃った楽しそうな通りだ。

キャッチのお兄さんに声をかけられる。

お店には興味なかったが、そのお兄さんが息をのむほどの美少年で思わず足を止める。

年のころは20歳前後か。ジャニーズ事務所にも間違いなく受かるであろうキレイな顔立ちだった。

なんともはや。男の俺でも見ほれてしまうような、ずっと見ていられる本物のイケメン。

「お兄さん、かっこいいですね…キャッチしてないでジャニーズ行った方がいいよ」

思わず口をついたが、マジで余計なお世話だったと思う。

通りを突き当たった先にジェラート屋「ViTO」を発見。

注文してすぐ、尿意が襲ってきた。

店内にトイレはないようなので、ジェラートは受け取ってもらうよう同期に頼んでトイレ探しの旅へ。

すかさず付近のコンビニに入店。しかしここにもトイレはない。

他のコンビニを数件渡り歩くも、どこにもトイレはなかった。

え、トイレがないコンビニってあるんだ…。店員さんどうしてんの…?

頼みのコンビニがダメとわかった途端、一気に焦りが押し寄せる。

近年まれにみる尿意に、膀胱にもすっかり余裕がなくなってしまった。

いよいよもって限界が近い。一刻の猶予もない感じ。

いざとなったら立ち小便も辞さない覚悟で、適当な路地裏を探す。

軽犯罪だとわかっているけれど、それでも失いたくない人間の尊厳がある。

そんな気持ちとは裏腹、適当な路地裏が全然ない。

これは…マジのマジでやばいな…!?

半泣きでダッシュしながら、やっと見つけたカラオケに入店し、その勢いのままフロントを通り抜けてトイレへ駆け込んだ。

店側としては客以外の利用はお断りだし、よしんばトイレを借りるにしても許可を得るのが礼儀だろう。

そんなことはわかっているんです!いまは人間の尊厳がかかっているんです…!

おかげで何とか危機を脱しました。

カラオケ店さん、本当にすみません。ピンチオブピンチを救っていただきありがとうございました。

事なきを得るという言葉、今の俺の状況のためにある言葉だなぁ。

そんなことを思いながらジェラート店に戻ってみると、俺のアイスはすっかり溶けてほぼ液状になっていた。

悲しいが仕方がない。おしっこ漏らすよりはだいぶマシ。

失意のジェラートを食べ終え、今宵行動を共にした同期とはお別れ。

次回、単独行動となった俺が向かった先とは…!?

第5話へつづく

福岡出張の話 第5話
スポンサーリンク