コロナ禍での過ごし方|いつも心に小日向を

スポンサーリンク

年度末から年度初めのこの時期、気忙しくて嫌ですね。

常に何かに追われていて気持ちに余裕がない。

こんなことではダメだ。

そんなとき、小日向文世を思い浮かべてみよう。

 

小日向は笑って言う。

 

気楽にいこうよ~

 

ほら、気持ちが穏やかになったね。

 

こひなたわ みんなの ともだち

 

大人は小日向の力を借りながら頑張ってるけど、世の学生さんは長期休暇中なんだもんね。

突然与えられた長い休み、ここでの時間の過ごし方で周りと大きな差がついちゃうでしょうね。

なんたって遊ぶのも勉強するのも自分を磨くのも、何をするのも自由なのですから。

 

マジでね、若いころの苦労は買ってでもしろって言うし、

今はわかんないかもしれないけど大人になってからきっと感謝する日が来るから、

こんなときこそ我武者羅に頑張った方がいいぞお前たち。

 

僕が学生だったらですか?

スポンサーリンク

そうですね、とりあえず毎日10時まで寝ますね。

愚問じゃないですか?せっかくの休みなんだから寝るでしょうよ昼近くまで。

 

それ以降はずっとゲームをしまくることになるでしょう。

家にいながらにして、ゲームを通じてつながれる時代ですもんね。

まさにファミ通じゃないですか?違うか。

今だったらフォートナイトとかスプラトゥーンとかなのかな。

僕はボンバーマンオンラインが好きでしたね!今でもあるのですか?

 

あとは本を読んだりYou Tubeを見たりしながら、ひたすらダラダラ過ごしますね。

夜も全然寝ないですね。

トゥナイト2とワンダフルを交互に見ますよね。

 

あ、もう終わってますか?

 

もう終わってるそうです。

 

 

俺みたいになるな!!

 

 

 

また今夜~

 

 

スポンサーリンク