布マスク2枚に思うこと

いやぁ、醸してるねぇ。物議。

何のって、そりゃあ例の「布マスク2枚」に対する物議よ。

1世帯でたった2枚かよ!

しかも布て!

そんで466億もかかるんかい!

などと日本全国でわいわい騒がれています。

こんなとき、マスコミは「2枚」とか「466億円」とかインパクトのある数字だけを切り取って報道し、政府の本当の意図を正しく伝えないのはズルいよなぁと思う。

そんで、そういう報道を見て条件反射的に「税金の無駄遣いだ!」「安倍だからノー!」などと騒ぐだけの人にはなりたくない。

日本のトップクラスの頭脳を持つ人たちが、実現性とか即効性とか色んな方向から検討した結果なんだから、何かちゃんとした意図があるはずだと。まずは自分の頭で考えてみたい。

それでさ、政府がやっていることがマスク2枚だけなら批判されるのもわかるけど、休業補償だったり税金の軽減だったり、そういうのはそういうので別にやるんだよね?

色々やる中の一つが今回の「本当に必要なところへマスクを届けるための対応」ってだけなんじゃないの?

  • 1世帯に2枚じゃ足りない!という人は布マスクなんかいらない!という人からもらってね。
  • 手作りできるからいらない!という人は手作りできない人にあげてね。
  • 布マスクはどうしてもしたくない!という人だけ薬局に並んで不織布マスクを買ってね。
  • そうすることで、今までよりは医療や介護の現場に従事する人たちへ不織布マスクが行き渡る可能性が高まるし、今すぐに実行できるのはそれくらいしかないんだわ。

そういう意図なんじゃないかなぁと。

それでも批判する人は、466億円を使ってすぐにマスク不足を解消する方法を考えてから批判すべきだけど、きっとそれは「もうやってる」か「理由があってできない」かのどっちかになると思う。

で、さっきからこのニュースに対するネット上の意見を読んでいたんだけど、

「そんなことに大金を使うくらいならまず国会議員の歳費を削れ」とか「コロナの影響で生活が苦しいから消費税を0%にしろ」なんて的外れですっとぼけた意見を言ってる人がたくさんいることに驚く。

今はマスク不足のことを話しているのに、どうやったらそんな考えにたどり着くのか理解に苦しむわぁ。

普段から国会議員のことを良く思ってない人がここぞとばかりに不満をぶつけてるだけなんだろうけど…。

そういう人に何で国会議員がきらいなの?って聞いたら大体「高い給料もらってるくせに何にもしてないから」っていう答えが返ってくるよね。

何にもしてないって、国会議員を毎日尾行してずーっと見てたわけでもないのによく言えるなぁと思う。

本当になんにもしない国会議員なら、選んだ国民にも責任があるぞ。

あと消費税が0%になったらマジでやばいだろ。ちょっとは考えっちゅうねん!(嘉門達夫)

おっと、真面目でちっとも面白くない記事になっちまったな。こんなの誰も求めてないのに。

本当にすまないと思っている。

せめて最後にハッピーなニュースをあなたにお届けするよ。

明日で1週間が終わるよ!

(明るい文字色でハッピーを強調)