恐怖の味噌汁

スポンサーリンク

今日は暑すぎず、寒くもなく、風もなく穏やかでとても過ごしやすい気温でしたなぁ。



初夏の陽気ってやつでしょうか。


あっ、ごめん待って。



初夏の陽気ってやつで初夏。


一年中ずーっとこの天気ならいいのに。

外でビールでも飲むには最適の日でしたが、あいにく仕事が忙しくそれどころではない。


だいたい恐怖新聞が配達されるくらいの時間に帰宅し、金麦を飲みながらブログを書いていますおばけ


恐怖新聞、深夜にあんな配達のされ方したら迷惑極まりないよなぁ。


{4DB04CCA-C7B4-4342-B5E1-7D1E0FA8B180}


グワシャーッ





{F50958F3-05CA-4567-9A61-2CBA2860EE48}


グワシャーッ





{65EB0D5E-3AE6-44D1-8E54-9A1BC8AB1051}


お風呂にもグワシャー





容赦がない。


深夜じゃなくても十分迷惑だ。



恐怖と言えば、皆さんは何かの恐怖症をお持ちですか?


「恐怖症と言えば何を思い浮かべますか」と街角でアンケートを取ったら一番多く答えそうなのが【高所恐怖症】ですが、ぼくそれなんです。

昔は高いところ平気だったんだけどな。

なぜか急に、20代中盤くらいからダメになった気がします。


人間の原始的な部分から湧き上がってくる恐怖と言いましょうか。


体の一番内側にある心が「怖い」と叫んで、その場から少しも動けなくなってしまうんです。


平気な人にはわからないんだろうな、この足がすくむ感覚。



あと【ぶつぶつや穴の集合体】が怖い。

怖いというか気持ち悪いというか…ゾワっとして一瞬で鳥肌が立つ。


高所恐怖症よりは少ないと思いますが、同じように感じる人がけっこういるらしく、トライポフォビアという名前までついているそうな。


蓮の花托、コモリガエルなんかが定番。

この時点で想像してしまってゾワゾワしている人もいるでしょう。


しかし私の中で一番強力だったのは、乳歯が永久歯に生え変わる前の子どもの頭蓋骨の画像でした。

インパクトが凄すぎて、一日中ずっと思い出しては気持ち悪くなり…を繰り返してました(今はだいぶ慣れました)



まだ恐怖症あった。

【ただ歳くってるってだけで偉そうに威張り散らすジジイ恐怖症】


何なのマジで?


実るほど頭を垂れる稲穂であれ!!


ただ、若い頃は皆そう思ってるんだよねきっと。俺だけは、ああはなるまいって。


でも歳を取ると自然にワガママになったり自分が一番正しいと思い込んだり絶対に意見を曲げなかったり、

いつの間にか、若い頃絶対なりたくないと思っていた偏屈ジジイになるんだろね。

マジ気をつけたい。



あと、同じようで微妙に違う恐怖症として

・ブンブンうるさい時代遅れのクソダサ改造車に乗ってる田舎のヤンキー恐怖症
(今どき流行らないしただの迷惑でしかないよ)

・少ない給料全額ぶっ込んで無理して型落ちのVIPカーに乗ってる土方ヤンキー恐怖症
(高級車は金持ちが乗るのだよ)

・軽自動車に金かけまくってゴリゴリに改造してるちょいデブヤンキー恐怖症
(改造する金あるなら普通車乗りなさい)




車の窓にカーテンて。怖い。

そんな車よりかは、どノーマルのFITをキレイに大事に乗ってる男の方がよっぽど好感が持てるし、女の子にもモテると思うんですがどうでしょう。

少なくとも自分の娘には、変な車に金かける男はやめとけと言いたいですね。
【男なのに爪が長いヤツ恐怖症】なんてのもありますよ。
お前、清潔感どこにやったんだと。
その長い爪に汚れでも溜まっていようものならね、もうね…。
殺しますよ!
{6B1CD438-473B-41EB-92B9-B33F278D899F}

スポンサーリンク