父母の会 役員会

「♪グーチョキパーで グーチョキパーで なにつくろー なにつくろー
右手がパーで 左手もパーで ちょうちょー ちょうちょー」

っていう手遊び歌がありますよね。

そのリズムに乗せて、長女が

「♪あんぱん食パン あんぱん食パン クリームパーン クリームパーン
サンドイッチドーナツ サンドイッチドーナツ クロワッサーン クロワッサーン」

などと歌ってるんですよね、家で。

何それ父ちゃん知らない。保育園で教えてもらったのかな。

日々いろんなお歌を覚えて帰ってくる。それは大変喜ばしいことなんだけど、何回も何回も娘から聞かされているせいで、困ったことに父の頭の中でリフレインして離れないんだよね。

35歳のおじさん、熱心に仕事しているように見えて頭の中では「♪クロワッサーン クロワッサーン」ですからね。由々しき事態です。

そんな娘たちの通う保育園には「父母の会」というのがありまして、なんと私、役員に任命されました。

月曜日に初の役員会が開催されたので、仕事終わりに出席してきました。

例年行っている「夕涼み会」という行事を今年も開催するか、というのが主な議題。真剣に話し合った結果、今年は開催を見送ろうという結論に至りました。残念ではありますが。

役員の皆さんは立派な成人男性で、大人な発言をしているくせに、園児用のちーちゃいちーちゃい椅子に収まって座っている光景がなんともシュール。

椅子だけでなく子ども用のモノ全般、小さくてかわいいですよね。まず彼らの体型自体が愛おしいもんね。頭蓋骨すら丸っこくてかわいい。

役員会終了後、滅多に入れることのない園内をここぞとばかりにうろつく。

物珍しそうにキョロキョロする様を見かねて、先生が長女のクラスに案内してくれました。長女がクレヨンで描いた絵も見せてくれました。

あまりに上手でびっくりしました。

あんなに小さかった娘がこんな上手な絵を描くようになったか。

赤ちゃんの時は、寝ている間に呼吸が止まってないか心配になって確認しに行った。

1歳の時は、まだ食事をうまくできず、洗濯物を干すときにご飯粒がたくさん落ちてくることがあった。

2歳の時は、テーブルの下に潜り込んでいることを忘れて立ち上がり、頭を強打することが何回もあった。

3歳の今、そんな乳幼児あるあるもすっかりなくなり、色んなことが一人でできるようになった。社会性もだんだん身についてきた。

感慨深いものがありますよ。

卒園する頃にはもっともっと成長していて、色んなことを思い出すんだろうな…。

今から宣言しておくんだけど、卒園式の時、おれめっちゃ泣くわ。