Hazukashi-sa

スポンサーリンク

娘の前で「ぶっ!」と大きいオナラをすると声をあげて笑います。



娘を喜ばせたいあまり、お父ちゃんはオナラの度に大きい音を出そうと頑張っています。

だけど毎回そううまいこと大きい音が出るはずもありません。

お父ちゃんはたまにテレビに出てくるオナラを自在に操るびっくり人間ではないからです。

娘には聞こえず、奥さんにだけ聞こえるくらい小さいオナラだった時、お父ちゃんはめちゃくちゃ恥ずかしい気持ちになるのです。

会社で電話してるときに「はい」と「ええ」が混ざって「へえ」と返事してしまったときくらい恥ずかしいのです。



そんなときお父ちゃんは「んっ、んっ」と喉が詰まったふりをして、わざとらしく誤魔化したりしています。

でも多分相手には気付かれていて 

「あれ?今この人へえって返事したな。江戸時代の農民かな?」

などと思われているに違いありません。

そんな恥ずかしさも乗り越えて、あなたの為にお父ちゃんはお仕事を頑張ります。

{0D3C6410-B1E4-49CC-89D7-7BE93A3D877A}
スポンサーリンク