大切なメッセージ

スポンサーリンク

今日は仕事上で年に2回だけやってくる最強憂鬱DAYだった。

 

それはとっても緊張を強いられる場。

 

相手の質問によって、喋らなくてもいい回と喋らなくてはならない回があるんだけど、

 

今回はめっちゃ喋らにゃならん回だった。

 

 

間違ったことは言えないという焦りから、途中から何を喋ってるか自分でもよくわからなくなる。

 

絵に描いたような「しどろもどろ」を披露した。

 

喉が渇くし脇汗も出る。大変な思いをした。

 

 

終わった後、褒めてくれる上司とダメ出しをしてくれる上司と、どっちもいて有り難かった。

 

人はこうして成長していくのだろう。

 

 

そんな大きな舞台を乗り切ったことだし、開放感に任せていっちょ飲みにでも!と思うけれどコロナのおかげで自粛ムード。

 

コロナの野郎、ほんといい加減にしろ。

 

 

 

大人しく家に帰り、今日もブログを書いています。

 

 

そんな華金にお届けする記事はそう!!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

トイレのことです。

 

 

スポンサーリンク

 いやしつこっ!

 

 

 

 

 

 もう4回目だぞ!

 

 

 

 

 

 トイレ研究家か!

 

 

 

 

 

 むしろブリブリ博士だな!

 

 

 

すいません、ホントこれで最後にしますんで。トイレ研究家って言わないで。あとブリブリ博士は古すぎます。

 

 

 

これは男子の間でたまに勃発する議論なんだけど、洋式便器でおしっこするとき立ってするか座ってするか問題ね。

 

 

たぶん20年前くらいまで「日本男児たる者、仁王立ちで堂々と」というのが世間一般の常識で、

 

おしっこだけなのに座ってするという考え自体、理解されない世の中だったと思います。

 

 

しかし近年、男でも座ってするスタイルが浸透し始め、いまでは若年層を中心に5割が座しょん派と言われています(適当)

 

 

かく言う私も、もうずっと座しょん派です。

 

確か高校生の頃だったと思うのですが、『トリビアの泉』というテレビ番組が私の流派を変えました。

 

番組内で「立っておしっこをすると、目に見えない飛沫が床や壁に飛び散る」ことを実証していたのです。

 

その結果には衝撃を受けました。

 

飛び散りが想像以上だったのです。

 

壁や床だけではなく、自分のスネの部分にも跳ね返ってきてました。

 

 

これは……さすがに汚い…

 

 

それからというもの、自分ちだったら100パー座るようになった。

 

今でも忘れないあのトリビア、投稿してくれた人に金の脳(メロンパン入れ)を個人的に進呈したいくらい感謝してます。

 

 

 

 

 

ただ、お店だとズボンおろすのが面倒で立ってすることもあります。

 

掃除するの自分じゃないし、という最低の考えが手伝うことも正直に申し添えます。

 

 

でも立ったままするためには便座を上げなきゃならんのよね。

 

 

ボタン式の新しいタイプならいいけど、まだまだ手で上げるタイプの方が多いよな。

 

手で便座上げるの、けっこうキツくない?

 

特に居酒屋とか、あまり綺麗に使われない環境だと厳しさがグッとあがる。

 

 

誰が使ったかわからない便座に、裏側がどんなことになってるかもわからないまま手を触れる勇気。

 

たまに悲惨な状態のやつあるもんな。

 

そんなとき、こんなんが付いてると非常にありがたい。

 

 

 

これがあれば便座に触れずに上げることができて、とってもとっても便利!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

取っ手だけにね。

 

 

 

 

 

 

 

 

ややウケでしたね。

 

 

 

政府は一般家庭にマスクを配ると同時に、全ての飲食店に便座用の取っ手を配ってください。

 

 

それがトイレ研究家からの、最後の大切なメッセージです。

<
p> 

それではまた会う日まで。

 

ジャー(水が流れる音)

 

スポンサーリンク