夢のような話

スポンサーリンク

兄と2人でライブを見に行くことになった。

誰のライブかはよくわからない。

激しめのロックだ。X JAPANのようだ、と言えばわかりいいだろうか。

兄は最前列でノリにノっているが、僕は曲がわからないので全然面白くなかった。

 

休憩タイムになって座席に座ったとたんに、一瞬でそこが大学の教室に変わった。

あれ?教室でライブやってたんだ…

 

よく見ると、前の席には中学の同級生のNさんが座っている。

そんなに仲良くはなかったはずだ。

 

しかし彼女は僕に気づくと微笑み、「足の匂いを嗅がせてくれ」と言った。

僕は耳を疑った。

 

何を言っているんだ?足?の匂い?

やべーよ、臭かったらどうしよう…

などと悩んでいるところに、今度は後ろの席に座っている男子が声をかけてきた。

「久しぶり!元気だった?」

 

振り返ると、またも中学の同級生であるT君が当時の姿そのままでそこに座っていた。

スポンサーリンク

 

うわぁ、全然仲良くなかったわ、どうしよう…

彼の思い出と言えば、小学校の社会のテストで「木材」が正解の問題に「木村」と書いて僕を笑わせてくれたことしかない。

 

NさんといいT君といい、僕を困らせる人物が登場する中、隣の席に幼なじみで親友のJ君が座っていることに気付いた。

 

ほっとしてJ君と話していたのも束の間、おもむろに高校の数学教師、A先生が現れ「これからテストだ、今回は難しく作ってある」と宣言した。

 

大嫌いな数学のテストか…嫌だなぁ。

問題用紙が配られ、さっそく名前を書こうとしたら、なぜか名前を書く欄が9つも…!

 

手持ちの赤鉛筆と青鉛筆を駆使し、必死に名前を書くんだけど、芯がボキボキに折れる。

3分かけて名前を書き終え、やっとの思いでたどり着いた1問目の内容はこうだった。

Q.あなたは14時にヤマダ電機で洗濯機を買いました。配送を頼みましたが、配達時間は指定していません。洗濯機は何時に届くでしょう。

 

 

超、わかんない!

 

 

先生よ。難しすぎるのでは。

ひとえに運送屋さんの都合じゃないのか。

 

てか

 

数 学 関 係 ね ぇ

 

隣のJ君は余裕の構えだったので、もう終わったのかとこっそり聞いたところ

「うん、オレ高校のとき数Ⅲ習ってたから」

 

関係あった。

数学関係あった。

 

すげえな数Ⅲ。そんなこともわかってしまうのか。

わからないので飛ばし、2問目に取り掛かる。

 

Q.次にあげる洗濯機の音声ガイダンスを順番通りに並べなさい

A 洗濯を開始します

B 洗剤を入れてください

C ……

D ……

など、選択肢が書いてあった。

 

あれ?洗濯機ってしゃべるっけな?うちのはしゃべらないけどなぁ…そんでどんだけ洗濯機おすんだよ先生…

 

 

と思ったあたりで目が覚めた。

夢オチでごめんね。

あまりに変な夢だったから書き残してみたくなった。


おやすみ

スポンサーリンク