ドラクエ6の上級職について熱弁をふるう

スポンサーリンク

ドラゴンクエスト6が好きだ。

 

 

このゲームが優れている点の一つは「職業」という概念があることだ。

 

職業システムはドラクエ3にもあったんだけど、ドラクエ6では基本の職業をいくつかマスターすることで就くことができる「上級職」というのが登場した。

 

これが最高にゲームを面白くしたよね。

 

どんどん強い特技を覚える快感がたまらなくて、夢中でやりこんだのを今でも覚えています。

 

上級職には

  • バトルマスター
  • パラディン
  • 魔法戦士
  • 賢者
  • レンジャー
  • スーパースター
  • 勇者

というのがあるんだけど、

 

昨日、キムタクが「スーパースター」にぴったりだという話をしたじゃないですか。

 

そのあとふと、他の上級職にふさわしい日本人は誰かなぁなんて考えましたので、今日はそのことについて書きます。

 

ドラクエ6をやったことない人は全然わからないと思いますので、今すぐ活火山の火口にスマホを投げこんでください。

 

 

○バトルマスター

 

戦士と武闘家を極めると転職できるこの職業。

 

これはもうね、強いよね。

 

なんせバトルマスターですから。

 

 

バトルマスターというからには、あらゆる武術に精通していることが最も重要な条件だ。

スポンサーリンク

 

外国人だとスティーブン・セガールがしっくりくるだろう。

 

日本人でそれに該当するとなると、やはり総合格闘家が適当だ。

 

日本を代表する総合格闘家……

 

 

 

 

 

 

 

佐竹だな。

 

 

 

 

○パラディン

 

パラディンとは何か。

 

中世および初期近代ヨーロッパの多くの国で見られた、一定の高位にある騎士である。

 

このように、今だったら簡単にウィキペディアなどで調べることができる。

 

しかし発売当時にはウィキペディアはない。

 

当時小学生だったぼくは、初めて聞くその単語がどんなものか、想像するしかなった。

 

「武闘家と僧侶をマスターした者がなれる」ということしかヒントがない。

 

めっちゃ修行を積んだ強いお坊さんかな?

 

そんなことを考えたので、今でもお坊さんのイメージが強い。

 

 

ということで、ぼくのなかのパラディンは瀬戸内寂聴とします。

 

 

 

 

○魔法戦士

 

読んで字のごとく、魔法を使える戦士。

 

戦士は己の肉体を武器に闘うゴリゴリの武闘派、魔法使いは力はないけど魔力を操る知性派、全く対極にあるこの二つの職業を極めると転職できる。

 

なんとなく、中性的でスマートなイメージが湧いてくるよね。

 

及川ミッチーなんてどうかな。

 

いや、彼はどちらかというとスーパースター寄りだな。

 

 

となると、この人しかいないか…

 

 

 

高見沢俊彦

 

 

 

 

○賢者

 

賢い者と書いて賢者。

 

魔法使いと僧侶を経て転職できる、冒険する上でなくてはならない重要な職業だ。

 

ぼくの中で「賢い人」というイメージで、真っ先に浮かんでくるのはこの人。

 

 

 

池上彰

 

 

 

 

○レンジャー

 

レンジャーも、小学生のぼくにはよくわからない言葉の一つだった。

 

現実世界では部隊の兵士という意味合いが強いのだろうけど、そんなことは知らない。

 

転職の条件が盗賊、魔物マスター、商人という職業だったため、兵士というよりはなんとなく探検家をイメージしていた。

 

例えばそう、インディー・ジョーンズのような。

 

日本人としては誰だろう。

 

一番先に頭に浮かんだのは吉村作治、次に宮川大輔だった。

 

 

ただ吉村さんは古いし、大輔は弱そうなので却下し、次の人をレンジャーに認定します。

 

 

 

 

 

藤岡弘、

 


 

 

 

○勇者

 

最後に勇者です。

 

これは最も重要な職業です。

 

ただもうね、これは決まってますね。

 

この人しかいませんわ。

 

 

 

 

ヨシヒコ

 

 

 

以上、ぼくの個人的な見解による考察でした。

 

非常に個性的なパーティーが出来上がりましたね。

 

 

みんなはどんな人を思い浮かべるかな?

 

あ、別に知りたくないからいいや!

 

 

ザラキ!

スポンサーリンク