人生で最初の1枚

スポンサーリンク

自分が初めて買ったCDがなんだったか。

一生のうちに数回、主に同年代の友人たちと交わす会話ですね。

僕の場合はチャゲアスでしたよね。小学校3年生の頃です。

2歳上の兄などの影響で、CDを買うことに強い憧れを抱いていた当時の僕。
少ないお小遣いをやりくりし、やっとのことでCD1枚を買えるお金が貯まりました。

しかし好きな歌手などはおらず、絶対にこのCDが欲しい!という1枚は決まっておりませんでした。

それなら買うのをやめなよ。好きな歌手ができるまでお金は貯めておけばいいよ。

などと諭してくれる賢明な大人がいなかったせいで「とりあえず何かCDを買いたい」という謎の所有欲だけが膨らんでいきました。

そうして欲しい1枚が定まらないまま、とりあえず向かったCDショップ。
買えるCDはたった1枚だけ。失敗は許されませんのでチョイスはおのずと慎重になります。

そこで出会ったのがCHAGE and ASKAでした。

『YAH YAH YAH』で大ヒットを飛ばしていた全盛期の彼らは、僕が知っている数少ない歌手の一人(二人と言うべきか)だったのです。

チャゲアスのCDを買っておけば、友達にも自慢できるに違いない!

そう思い購入したチャゲアスの最新曲は、店頭に掲示されているオリコンランキングでも1位を獲得していました。
ネットやYouTubeなどなく、どんな曲が売れているのか情報が少ない当時、オリコンランキングは非常に頼もしい存在でした。
そのオリコン様が太鼓判を押している。これはいよいよ間違いない。

それがそう、

Sons and Daughters~それより僕が伝えたいのは~

でした。

スポンサーリンク

失礼を承知で言わせてもらいますが、なかなかマイナーな曲です。
数あるチャゲアスの名曲の中から、なぜそれをチョイスしたのか。
オリコンマジックと言わざるを得ません。

正直いまも曲名を全く思い出せず、ディスコグラフィーからジャケ写を見て思い出したくらいです。
視覚の記憶というのは強い。

ジャケ写。当然8cmシングル。

歌詞や曲調、それに付随する青春の記憶も蘇ってくるかと思い、先ほどYouTubeで聞いてみたのですがそのようなことは全くなかったですね。
完全に忘れていて、初めて聞く曲として認識されました。
たぶん当時の僕もグッとこなくてあまり聞かなかったのでしょう。
カラオケバージョンはきっと再生すらしていない。

素直に大黒摩季とか買っておけばよかったのに…初のCD選びは失敗に終わりました。

なので、冒頭のような会話が出たときは中島みゆきの『空と君のあいだに』と答えるようにしています。
ドラマ「家なき子」が好きで購入したCD。

B面にはこれまた名曲の『ファイト!』が収録されています。
「闘う君の唄を 闘わない奴らが笑うだろう」は松本人志さんが好きな歌詞としてあげていますね。

その部分は確かにめっちゃいい歌詞で当時の僕にも刺さったのですが、駅の階段で子どもを突き飛ばす女が笑っている歌詞が怖すぎてトラウマになった覚えがあります。

大人になった今、曲全体の歌詞に込められた意味がわかるようになり、改めて好きになりました。

さぁ、3連休も終わり、明日からまた冷たい水のような毎日です。ふるえながらのぼっていこう!

スポンサーリンク